Home > 失敗しない看板発注のツボ
看板には様々な種類があります。横断幕・マグネット・プレート看板 etc...
どれをとっても素材や大きさ、価格、耐久性、求められるデザインが違います。
その種類が違えば当然の事ながら、知っておいて損の無いポイントや知識も違うのです。
ここでは、実際にあった例を紹介させて頂き、失敗しない為のツボを提供させていただきます。
自分でデザインをして、パソコンの画面ではカッコイイ!と感じたのに実際に大きな横断幕になったら
イメージと違う横断幕になってしまった。
パソコンの画面から実際の大きな懸垂幕をイメージするのはとても難しいです。
画面上では良いと感じた文字の影や、グラデーションや配色。実際の大きさになるとお互いが強調しあい融合しない場合が多々あります。
経験豊富な広告デザイナーになると、お客様のデザインした図案を元に、文字の間隔や配色、どこを強調させると効果的な幕になるかなどのツボをしっかり抑えてイメージ出来るようになります。
プロに依頼する事でグレードアップしたデザインが期待できるでしょう。

創業30年以上、広告デザインの基礎から、応用まで経験豊富デザインにこだわりを持った感性豊かなプロがいます。
お客様のデザインを元にデザインを更にグレードアップさせます。

ずっと使いたいプレート看板だったのに、すぐに壊れてしまった。
同じ種類の看板でも価格により材質が異なります。
一度しか使わない看板なら安価な素材で価格を抑える。何度も使いたい看板なら品質重視で看板を依頼すると良いでしょう。
看板の依頼をする時に、細かく用途を説明すると問題が起きにくくなります。

豊富な品揃えと、充実の設備にて、オリジナル看板や既成の看板などお客様の求める品質や価格に合わせた看板の提供が実現できます。

ネットで安かったので、車につけるマグネットを注文しました。
実際に届いたマグネットを車に貼り走行したら、すぐに風で飛んでいってしましました。
車両のマグネットにも種類があり、安価な物は磁力が弱く実際の走行で飛んでしまうというケースはよく聞きます。
また、マグネットに印字した文字がすぐに薄くなってしまって使い物にならないと言うケースもよく聞きます。
マグネットの場合、一日しか使用しないケースはほとんど無いと考えられます。
価格だけで判断せず、間違いの無い素材を使ってくれる優良なお店を選ぶべきです。

看板印刷屋のマグネットは、国産の車両用マグネットで印字も長期UVカットに対応しており、高品質で安価に提供出来ます。

デザインを修正依頼したら、追加で費用が発生してしまい、予算の都合上修正ができなかった。
そのため、デザインに納得いかないまま懸垂幕を発注するはめに。
納得がいかない物が出来てきた。
デザイン変更したら追加で費用がかかったり、デザイン変更の回数が限られていたりします。 しかし、なかなか一度で納得出来るものは出来ません。 デザイン費用無料のお店をお勧めします。 また、いくらデザイン費用が無料でも、何度も何度も修正をかけている時間も手間もお客様自身にも負担がかかります。 ハイクオリティーなデザインを提供して頂けるお店を探すと更にいいでしょう。

成果の出る、意義のあるデザインを提供します。 豊富な素材と知識と完成でデザインを構成していきます。
また、実際にお客様に提案するまでに何人ものプロが、デザインのチェックを行います。
必ず気に入っていただけるデザインの看板を、お客様に手間と負担をかけずに提案させて頂きます。